taka_logo_green01.jpg



長持ちする家にはふたつの意味があります。ひとつはモノとしての耐久性、もう一つは暮らしを受け止める耐用性です。わたしたち高山工務店の家づくりは、そのふたつにおいて、長持ちする家です。

永く暮らすことのできるたしかな家づくり

住まいは、なにより家族の安全を守る強固な「箱」でなければいけません。地震の揺れや台風の風雨に長期に渡り耐えることは、まず当たり前にクリアされなければいけない条件です。わたしたち高山工務店の家づくりは、いわゆる長期優良住宅といわれる性能をクリアしています。永く安心して暮らすことのできるたしかな家づくりをお約束します。

P9150070.jpg

飽きのこないシンプルな家。

時代時代の流行やライフスタイルが変化しても、30年、40年後も飽きがこない意匠とすることは、永く住まう家づくりにおいてとても重要です。素材、色づかい、空間、…日本人がもつ「落ち着ける空間」という感覚を、わたしたち高山工務店はたいせつにしたいと思っています。ハードとして長持ちするだけでなく、愛着をもって住み続けられることは、長持ちする家の条件です。

takanohara_05.jpg